leneko的旅游房間

めざせ7大陸! と意気込みつつも、なかなか実現できません(涙)。 アメリカ大陸はドライブ旅行、欧州、アジアは鉄道旅行を満喫します。 旅の思い出を写真と共にご紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| ↑TOP |

初釜山は滞在18時間

写真 1(2)
2012.11.10-11.11 韓国・釜山

初の釜山は、大好きなソン・シギョンのコンサートを見るためにいった強行1泊2日でした。
なんと滞在時間は18時間。
そりゃーもう、バタバタでした。
4時半に空港につき、釜山市内の繁華街・西面(ソメン)のホテルに到着したのが5時半ごろ。
荷物を置いて、即効で駅前の化粧品店で買物を済ませ、コンサート会場のKBSホールまで向かいました。
そして、7時からの3時間ちょい、シギョンの歌声に癒されました!
座席が良くなかったのが残念でしたが…。

終了後、シギョンペン3人で、西面の居酒屋で食事をしました。
お店の名前は
거꾸로가는시계」。
若い男女で店内はにぎわっていました。
写真↑のチュクミポックム(いいだこの炒め物)とチゲを食べました。
これがやみつきになるうまさ。ビールが進んで進んでピッチャーもしっかりおかわりしました(笑)。

写真 3(1)

そして2次会は、2人でマッコリバーへ。
막걸리살롱」。
マッコリバーとうたっているので、さぞたくさんの種類がと思って入店しましたが、
まあまあという品揃え(笑)。
とうもろこしのマッコリにもかなり惹かれましたが、
選んだのは栗のマッコリ。ほんのり甘みがあり、クセはなく、とてものみやすいマッコリでした。
ちなみに、奥にある魚は明太の干物。
ものすごくバサバサしていて、スナック菓子を食べているようでしたwww
こうしてみると、女子飲みとは思えない絵ですね(汗)

写真 4

そして、翌朝、帰国の朝は
二日酔いにはヘジャングク!ということで
ヘジャンククとソルロンタンを食べました。
(二日酔いにはヘジャングクが酔い覚ましスープといわれており、これを飲むらしいのです)
ヘジャングクは初めてでしたがが、このお店のものはあばら肉や野菜がたくさん入っていて、辛いスープでした。
これまたすごくおいしくてびっくり。
1皿6500ウォンだったので、日本円で500円以下ですよね。
ソルロンタンよりもヘジャングクばかりに手が伸びてしまいました(笑)。
ここはオモニがつくる味という文句で宣伝されているような食堂でしたが、
店の名前を控えてくるのを忘れました。失態。
と思っていたのですが、ググって判明!
이병우설농탕」の西面店です。
チェーン店のようですね。

今回は本当に滞在時間が短かったので、
観光はゼロです。
コンサートと飲んで食べて買物をして、睡眠はたった2時間半でした。
またゆっくりと釜山観光したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

マヌカン島

2008年08月09日-08月17日

コタキナバルには「トゥンクアブドゥル・ラーマンパーク」と呼ばれる国立公園があります。いづれの島も、市街地からは船で20分ほどの場所に浮かぶものですが、透明度が高い美しい海だと言われています。
私たちはその中でも、マヌカン島に行きました。

DSC03310.jpg

アイランドホッピング(島巡り)をするには、ツアーで行くか、
個人で船に乗って行くかの二つの方法があります。
ツアーだと昼食込みで6000円くらいかかるので、
今回は自力で行くことにしました(笑)。
ジェッセルトンフェリーターミナルまで行き、フェリー代を支払います。
島をいくつ回るかによっても値段が違います。
私たちはマヌカン島だけを巡ることにしました。
確か値段は17リンギだったでしょうか。

DSC03250.jpg

10人掛け程度の小さな船です。
さあ出発!
風は気持ちいいです。

DSC01105.jpg

マヌカン島に到着です。
海が青~い
リゾートです。テンションアップ!

DSC01111.jpg

島内には木陰もシャーレーもレストランもあります。

DSC01109.jpg

ツアー参加者は、ここの屋台のような特設キッチンで調理される
BBQが食べられるようです。
肉や魚、エビなどを焼いていて、とてもいいにおいでした。食べたかった~

DSC03269.jpg

お魚見えるでしょ?

DSC03289.jpg

水深30センチほどの場所にも、熱帯魚がたくさんいます。
感動です。
素潜りして、魚たちとじっーと見つめあっちゃいました。

DSC03260.jpg

相棒とかわりばんこで海に入っていたので、
陸に上がっているときには、ゴロンと寝そべって空を見上げていました。
これまた気持ちいいです。

DSC03261.jpg

私たちが訪れたときには、個人で来た欧米人が4割、ツアーで来た韓国人が3割、中国人が2割、日本人が1割といったところでした。
砂浜には貝殻のかけらが落ちていて、裸足だと痛かったです。
私は海のそばまでビーチサンダルで行き、泳ぐ時だけ裸足になりました。

透明の海には驚きました。
いつまでもこの透明度が続くといいな。
また素潜りしたいです。


テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

| trackback:0 | commnet:2 | ↑TOP |

ネクサス リゾート カランブナイ

2008年08月09日-08月17日

コタキナバルでの宿泊は、市街地から車で40分弱の「ネクサスリゾート」でした。
ここを選んだのは、5カ月前。
仕事が忙しく、現実逃避したい頃でした。
人里離れたリゾート地にあこがれ、決めました。
しかし、7月に入ってから、空港や市街地から遠いことが気になりだし、
ホテルの変更を考えだしましたが、空きがなく、結局変更しませんでした。

DSC03002.jpg

DSC03010.jpg

ホテルには大きく二つの部屋のタイプがありました。
一つはボルネオルーム、一つはオーシャンウイング。
私たちはボルネオルームと呼ばれる2階建てのボルネオ風建物の2階の客室に宿泊しました。
天井が高く、ファンがくるくると回って、快適でした。

DSC02964.jpg

ベッドはキングサイズを選びました。

DSC02966.jpg

書斎デスクもまずまずの大きさです。
LANはフリーでした。
相棒はPCを持参していたので、ここで情報収集したり、
写真をアップしたりしていました。

DSC02969.jpg

DSC02970.jpg

浴室は、浴槽とシャワーブースがあります。

DSC03012.jpg

プールは大きく3つに分かれています。
1つは幼児用の水深の浅いものです。ここには日よけがかかっています。
小さい気配りかもしれませんが、とてもありがたいですね。
息子はここのプールが人生初泳ぎだったのですが、とても気に入って大興奮でした。
スライダーは大人用の水深の深いプールにしか付いていませんが、
大きさも結構あり、満足できます。

DSC03023.jpg

チェアーには日よけも付いています。
飲み物を頼んで、ゆったりと読書を楽しんでいる人もいましたが、
私は息子の勇姿をビデオ撮影でした。
バスタオルはプールサイドにあるカウンターで、無料で貸してくれます。
カウンターでは、他にも浮き輪やビート板、自転車を有料で貸し出していました。
息子のために浮き輪を借りましたが10リンギ(約350円)でした。

DSC03351.jpg

ホテルのあちこちに、素敵なインテリアが見られます。
中でも私はこのランプが気に入りました。
木彫りのランプです。ボルネオらしいですよね。
温かい明かりが、心も温かくしてくれます。

DSC03364.jpg

チェックアウトの前夜、ボルネオスパに行きました。
ホテル内にある併設スパで、とても有名です。
1時間半のボルネオマッサージをお願いしました。
担当の方は、40代後半~50代の女性だったのですが、
初めて会った気がしない親しみ易い方でした。
彼女の持つ母性豊かな雰囲気も、マッサージする指圧加減も、最高!!!
マッサージ開始から、次の瞬間には「うつぶせになって」との指示、
そして、その次の瞬間には肩を軽く叩いて「終わりです」と。
あまりにも気持ちいいのと、昼間の遊び過ぎで疲れていたのとで、
爆睡してしまいました。
満喫したかったのに、情けないです。
きっといびきをかいていたかも。
また行きたいな~。

ネクサスリゾート。
相棒も息子も私もとても気に入りました。
オリーブ以外の料理がイマイチだったことと、
市街地から遠いのが難点ですが、雰囲気、サービス&設備は文句なしです。
最低でも3日は泊まりたい素敵なホテルです。

テーマ:ホテル - ジャンル:旅行

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

エアアジア

2008年08月09日-08月17日

マレーシア発の激安エアライン「エアアジア」に初めて乗りました。
今年の3月に予約をして、往路は中国・深圳からコタキナバルまで、
復路はコタキナバルからマカオまでのチケットをとりました。
往路19570円、復路21419円です(大人2人、乳児1人の合計)。
本当に安かったので、どんなエアラインなのか興味津々で搭乗しました。

エアアジア1

エアの外観です。
真っ赤なボディが目立ちます。コーポレートカラーなのでしょう。

エアアジア2

エアの内観です。
シートは合皮のような汚れにくいツルツルシートでした。
これだと、飲み物や食べ物をこぼしても、手入れは楽ですね。

エアアジア3

安さの理由の一つに、ブランケット&枕、機内食の支給がありません。
必要な人は予約時に購入しておくか、機内で買うかになります。
新幹線の売り子さんのように、CAが食事や飲み物を販売します。
↑これは、メニューです。
路線によって、販売するものが違います。
(タイ路線では、タイ風の料理がありました)

エアアジア4

エアアジア5

私たちは、エアチケット予約時に食事も頼みました。
予約しなくても、当日購入でも良かったかもしれません。
予約時にはないメニューが、当日にはあったそうです。
私はチキンの煮込みとライスがセットになったお弁当を頼みました。
写真で見る限り、まずそうですね。
しかし、味はまあまあイケました。

エアアジア6

最後に、CAのお姉さんです。
制服はボディラインにぴったりフィットした赤のジャケットスーツでcoolです。
化粧が濃くてびっくりしますが、美人なので、それも似合います。
サービスの省略化が安さの秘訣なのでしょうが、
気分を悪くするような接待をするわけでもなく、予想以上に快適に過ごせました。

テーマ:飛行機(航空機) - ジャンル:旅行

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |

広州白雲机場大酒店

2008年08月09日-08月17日

旅のはじまりです。
成田からJALで広州に向かいました。
広州線というのは、基本的にビジネスマンが利用するのでしょう。
当日は50人弱の乗客しかいませんでした。
お盆休みだからかもしれません。
私たちにとってはラッキーでした。

広州に着くと、時間は夜の23時。
急いで空港内にあるホテルに向かいました。
「広州白雲机場大酒店」です。
ノボテルグループの4つ星ホテルです。

どこかの掲示板に酷評されていたので、寝るだけでいいか、
と期待をしていませんでしたが、意外にきれいでした。

白雲1

息子がベッドに上がった後に撮影したので、多少乱れていますが
部屋は清潔で、調度品もなかなかでした。
お風呂はガラス張りで、浴槽とシャワーブースが別になっています。

白雲2

お水も500mlが2本付いていました。
7階建ての7階の部屋でしたが、アップグレードされたわけではありません。
トラブルもなく、快適に過ごすことができました。

食事は夕飯も朝食もとっていないので、
レストランの評価はできませんが、トランジット利用には文句なしのホテルではないでしょうか。

テーマ:ホテル - ジャンル:旅行

| trackback:0 | commnet:0 | ↑TOP |
| ホーム |
プロフィール

leneko

Author:leneko
誰も知らない異国の地を歩くのが大好きなlenekoです。
絵画や歴史的建造物を見て感動し、
味わったことのない料理を頬張り、
ローカル市場の活気に心奪われ、
昨日までの見知らぬ人が
明日からの親友に。
そんな贅沢な経験ができる「旅」は私のエネルギーです。

最新記事
最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。